水島朝穂・早稲田大学教授「平和憲法のメッセージ」の『今週の直言』紹介

水島朝穂・早稲田大学法学学術院教授(憲法学)は、長年、「平和憲法のメッセージ」を発信され続けています。

それが「今週の直言」のコーナーです(バックナンバー)。

 

以下では、その中でも特に、安倍政権の閣議決定(「解釈改憲」)に基づく「安保関連法案」の違憲性・危険性を批判されているものを紹介いたします。

 

直言「「武器等防護」で米軍も守る?――安保法制論議の迷走」(2015年3月2日)

直言「日本型文民統制の消滅――箍が外れた安保法制論議(1)」(2015年3月23日)

直言 「「我が軍」という憲法違反の宣言――箍が外れた安保法制論議(2)」(2015年3月30日)

直言「「君はこのごろ平和についてどう考えてる」――安倍流「積極的平和主義」に抗して」(2015年4月6日 )

直言「「新要件」から「新事態」?――箍が外れた安保法制論議(3)」(2015年4月20日)

直言「協議の中身は「例外なき事後承認」――『ライブ講義』を応用して嘘を見破れ」(2015年4月27日)

直言「子どもを米国の戦争で死なせない――女性週刊誌と安保法制(2015年5月25日)

直言「外国領土での抗命の処罰規定を新設――徹底分析!「平和安全法制整備法案」(その1)」(2015年6月1日)

緊急直言「集団的自衛権行使の条文化――徹底分析!「平和安全法制整備法案」(その2)」(2015年6月2日)

直言「『自衛隊員のリスク』と『国民のリスク』」(2015年6月8日)

直言「安保関連法案は『一見極めて明白に違憲』」(2015年6月15日)

直言「『憲法の番人』とは誰か――高村正彦弁護士に問う」(2015年月22日付)

直言「95日間の会期延長――「衆議院の超越」は二院制の否定」(2015年6月29日)

直言「違憲立法」成立に加担する維新の党――「独自案」の本質(2015年7月6日)

 

以上以外に、安倍「解釈改憲」を取り上げたものもありますので、バックナンバーにアクセスしてみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中