「国際基督教大学教職員有志声明 —安全保障関連法案の撤回を求める—」(英文もあり)の紹介

国際基督教大学教職員有志の声明「安全保障関連法案の撤回を求める」をご紹介いたします。英文もあります。

賛同者は呼びかけ人を含め179名(8月28日現在)です。

賛同者の最新は以下でご確認ください。

http://icuvoice.wix.com/appeal2015

国際基督教大学教職員有志声明

—安全保障関連法案の撤回を求める—

1. 安倍政権の強行採決に抗議する

 国際基督教大学は、第二次世界大戦終結直後、再び戦争の惨禍を繰り返してはならないとの切実な願いから、世界平和を願う日本とアメリカのキリスト教会および数多くの民間人の寄付によって「明日の大学」として設立された。このような献学の経緯をふまえ、私たち教職員有志は、将来の日本、東アジア、世界に禍根を残す怖れのある安全保障関連法案の撤回を強く求めたい。

 この間の審議を見ると、安倍政権の答弁は誠意と責任ある説明からはほど遠く、審議すればするほど問題点が噴出した。国民の大多数が今国会での可決に疑問を覚える中での強行採決は、民意を無視した国会内の「多数者の専制」であり、議会制民主主義を葬り去る暴挙と言わざるを得ない。一連の安保法案および、その審議過程は、立憲主義・民主主義・平和主義を根底から覆しかねないものであり、参議院での建設的な審議による法案の撤回もしくは廃案を求めたい。

 戦後日本は、憲法9条の下、政府として非戦型安全保障を追求してきたのであり、自国への侵攻という極限・例外状況においてのみ、「専守防衛」(個別的自衛権の発動)という必要最小限の自衛力を行使する基本的政策を維持してきた。平和憲法は同時に、アジア・太平洋地域で1500万人から2000万人といわれる犠牲者(数は未確定)を出し、自国でも310万人の戦死者を出した先の「十五年戦争」への悔恨に基づき、多数の国民の合意の下で選択した戦後の基本方針であった。それはまた、一面、その戦争で日本の侵略によって多大な惨禍を受けたアジア・太平洋諸国の政府と国民に対する戦争謝罪と戦争責任の取り方、国際社会に対する責任の履行をも意味していた。

 この「平和国家」の路線が、今や葬り去られようとしている。集団的自衛権行使を容認するこれら一連の法案は、自衛隊が地域的限定を越えて世界各地に派兵される大きな危険をはらんでいる。同時に、軍事的脅威に対して軍事力で対抗するその参戦型安全保障政策は、東アジアや世界に政治的緊張を強いることになる。それはまた、戦後日本が培ってきた「非戦国家」としての世界規模の信頼をみずから打ち壊す行為でもある。

2. 立憲主義と民主主義の否定は許されない

 この安保法案は、日本を「戦争する国」へと変え、戦後70年の夏にこの国を引き返せない地点(ポイント・オブ・ノーリターン)に追い込むものである。

 現政権は国会で多数を占めることで、以下の点で、立憲主義と民主主義を無視しているように思われる。(1)内閣法制局長官を恣意的に交代させる。(2)長年にわたって踏襲されてきた政府の憲法解釈を一片の閣議決定によって葬り去る。(3)国会審議の開始前に今回の安保法案の成立を対米公約する。(4)安保法案の違憲性を指摘する専門家の良識ある声を無視する。(5)憲法59条4項による60日ルールの適用を可能にするため、国会の会期を95日間も延長し、強行採決への下地作りをする。(6)法案の実質的審議の深まりとは関係なく時間が来たという理由で強行採決を断行する。

 いま、私たちが目にしているのは、国家権力に縛りをかける立憲主義そのものを破壊する憲法無視の政治である。それだけでなく、議会制(間接)民主主義と民意(直接)民主主義の双方を破壊しかねない政治である。

 民主主義を成り立たせている表現の自由、国民の知る権利の保障に不可欠の報道機関の報道の自由に対して、脅迫的放言が政権与党の国会議員たちの研究集会においてなされたという事態も震撼に値する。この件は、そもそも表現の自由への政権与党の無理解をはからずも露呈する事件だった。現政権が、対米公約を優先させ、国民の声に耳を傾けることなく、安保法制の強行突破のみを念頭に置いているのは、民主主義の破壊でしかない。

3. 日米同盟の強化より平和育成に全力を注げ

 日本は平和憲法の下、平和路線を維持しつつ、「人間の安全保障」に世界各地において寄与し、国連平和維持活動にも1992年以降、専ら非軍事の分野で貢献してきた。

 現政権の諸政策には、高圧的で右傾化の印象を国内外に与え、軍事的対立を招来しかねないものがいくつかある。近隣諸国との関係は今回の強行採決によりさらに悪化し、日中韓3国が協調し、東アジアの平和と安定に寄与する将来的見通しは残念ながら遠ざかるおそれがある。

 日本は平和を熱心かつ効果的に支援し育成する国として世界的に高く評価され、その面でのさらなる国際貢献が期待されている。政府には、従来からの非軍事と国連との連携を基軸とした平和路線を堅持しつつ、近隣諸国との共通利益を把握し、信頼醸成、予防措置、平和外交に基づく安全保障協力を追求してほしい。

 さらに重要なことは、視座を世界に広げ、日本が1998年以降、力を入れてきた「人間の安全保障」と、世界的変容に対応して生まれた「協調的安全保障」を基盤にして、新しい平和育成国家日本のビジョンを構想し実践することである。国連のグローバル公共政策を基軸に、各国政府、議会、自治体、市民社会、企業と連携し、核兵器廃絶を含む軍縮をはじめ多彩な平和育成活動を目指す日本発のキャンペーンが急務であると私たちは考える。それにより平和の配当を創出し、紛争防止、平和構築、沖縄その他世界各地の外国軍基地削減、持続可能な開発、極度の貧困の解消、子どもの教育の普及、ジェンダー間の平等の達成、富の分配面での格差是正などに振り向けることこそが、本来の積極的平和イニシアティブであると考える。

 第二次世界大戦への深い反省、キリスト教平和主義の理念、世界人権宣言の原則に立って献学された国際基督教大学で教育研究の推進に携わる者として、今回の法案がかかえる一連の問題は到底看過できるものではない。安倍政権の衆議院での強行採決に強く抗議し、法案の撤回を求めたい。

2015年8月20日

国際基督教大学教職員有志 179名 8月28日現在(五十音順)

APPEAL by Concerned Members of International Christian University to Retract the National Security Bills

1. We Protest the Abe Administration for Its Railroading

    International Christian University (ICU) was established right after the end of World War II in the hope that Japan and the world will never again be visited by the horrors of war. A number of Christian churches and citizens in Japan and North America contributed funds to establish ICU as a “university for tomorrow” aiming at the realization of world peace. Given this background, we strongly urge the Abe administration to retract the national security bills that may result in endangering the peace and stability of Japan, East Asia and the world.

    While watching the deliberations about the bills in the Diet, we feel that the Abe administration’s responses to queries and criticisms have been unclear, insincere and irresponsible. The more these bills are deliberated, the more problems emerge. Moreover, the great majority of the people regard the adoption of the bills during this Diet this summer as problematic. The administration’s forced passage may be seen as a “tyranny of the majority” within the Diet, disregarding both the popular will and the basic principle of representative democracy. These bills and the process of the deliberation are a threat to constitutionalism, democracy, and pacifism. We strongly wish the administration either to retract the bills or to have them repealed by constructive deliberation in the House of Councilors.

    Post-war Japan has sought national security under non-war provisions of Article 9 of the Japanese Constitution. According to the established understanding of Article 9, in the extreme and exceptional cases of invasive attack against the country alone, can “purely defensive and protective” measures (based on the right of individual self-defense) be adopted. The non-war policy under the Peace Constitution continued to be the fundamental stance of the great majority of the Japanese people. It was based on their sorrow and remorse for the deaths of 3.1 million Japanese as well as of 15 to 20 million soldiers and civilians (the number not yet established) in the Asia/Pacific region during the fifteen-year Japanese military aggression between 1931 and 1945. Article 9 was also understood as an act of contrition, war apology, and acceptance of war responsibility, promising the peoples in the Asia/Pacific Region and international society that Japan would never again become a military power.

    If the security bills pass, we fear that Japan’s promise to remain a “peace nation” may evaporate. The national security bills harbor in themselves the risk that the Self Defense Force may be dispatched to every corner of the world beyond the regional limit. At the same time, the war-engaging policy of the proposed national security bills adheres to the idea of countering military threat with military force, and is not only outdated, but also bound to add to political tensions in East Asia and the world. These bills may well destroy worldwide confidence in Japan as a “non-war nation,” a reputation that has thus far been built up.

2. Constitutionalism and Democracy Must Be Upheld

    These bills shall change Japan into a “war-engaging country” and may take this country to a point of no return.

    The present administration, taking advantage of its majority in the Diet, seems to be ignoring constitutionalism and democracy. Recently, for example, it has done arbitrarily whatever it wants: (1) Arbitrarily replaced the director-general of the Cabinet Legislation Bureau; (2) Destroyed the government’s long-standing constitutional interpretation by a single Cabinet decision; (3) Made a public promise with the US government regarding the adoption of the national security bills before the deliberation in the Diet; (4) Ignored the reasonable voices of scholars and specialists who have repeatedly indicated the unconstitutionality of the bills; (5) Prepared for the forced passage of the bills by extending the ordinary session of the Diet by 95 days, thus making it possible to apply the 60 days rule; (6) Decided to force passage of the bills for the simple reason that time has come regardless of substantial deliberations.

    What we are witnessing now is politics that disregards the Constitution and demolishes constitutionalism that means to circumscribe the state power. Not only that, this is politics that is likely to destroy both parliament (indirect) democracy and popular will (direct) democracy.

    We find it frightening that remarks were uttered by a few politicians who belong to the government party threatening the freedom of the press, so indispensable for the protection of the people’s right to know. This incident revealed a lack of appreciation of the freedom of expression on the part of the government party. Another indication of the administration’s willingness to slight democratic procedures was the public promise made to the United States government in total disregard to the voice of the people.

3. Foster Peace rather than Strengthen the US-Japan Alliance

    Under the Peace Constitution Japan has consistently trod a path of peace-fostering and contributed to strengthening “human security” in various regions of the world. Since 1992 Japan has also participated in the UN-led peace-keeping activities mainly in non-military areas.

    Under the present administration, some of the government policies became increasingly high-handed and right-winged, so that there is growing anxiety about the likely military tension and conflict in East Asia. The relations with the neighboring countries have worsened and the likelihood of cooperation among China, South Korea, and Japan for the future peace and stability of the region may well attenuate.

    Japan’s effective contribution to world peace has been evaluated highly in the world and Japan may be expected to make further contributions in this field. We urge the Japanese government to continue non-military related peace-fostering activities, to cooperate with the UN, to promote common interests with the neighboring countries, and finally to seek earnestly for security cooperation based on confidence-building measures, preventive measures and peace diplomacy as well.

    Moreover, it is important to activate peace-making and peace-building activities premised on “human security” and “cooperative security” that Japan has launched on since 1998. These activities may be rightly regarded as a new vision for Japan as a “peace-fostering nation.” We urge the Japanese government to engage actively in a campaign for the abolition of nuclear weapons, arms reduction, and all other peace-fostering activities grounded in the global public policy of the UN in cooperation with national and local governments, parliaments, civil society, and corporate concerns. It would be Japan’s authentic and positive peace initiative to generate the dividends of peace and to distribute them to such vital tasks as conflict prevention, peace-building, the reduction of foreign military bases in Okinawa and elsewhere in the world, the resolution of extreme poverty, and spread of children’s education. Moreover, this positive peace initiative will include realization of gender equality, corrective measures for the widening gap in distribution of wealth, and “sustainable development goals.”

    For those of us who engage in the task of promoting education and research at ICU, a university dedicated to reconciliation, Christian ideals of peace, and the principles of the Universal Declaration of Human Rights, it is impossible to overlook the problems and risks that are contained in the newly presented national security bills. We strongly protest the Abe administration’s forced passage of these bills in the House of Representatives. And we strongly urge their immediate retraction.

August 20, 2015

179 Concerned Members of International Christian University (as of August 28, alphabetical order)

呼びかけ人 (*代表)25名

新垣修(国際法)、*伊東辰彦(音楽学)、稲正樹(憲法学)、岩切正一郎(フランス文学)、Hyegyeong OHE(言語学)、Jeremiah ALBERG(哲学)、海藏寺大成(経済学)、金澤正剛(名誉教授・音楽学)、川本隆史(倫理学)、木部尚志(政治理論)、功刀達朗(社会科学研究所顧問・国際関係学)、黒澤公人(図書館)、古藤友子(哲学)、佐藤豊(言語教育)、清水勇二(数学)、Marion William STEELE(日本史), 千葉眞(政治思想史)、那須敬(イギリス史)、西尾隆(行政学)、西村幹子(教育社会学)、布柴達男(生物学)、Gavan McCORMACK(元客員教授・オーストラリア国立大学名誉教授・東アジア史)、毛利勝彦(国際関係学)、最上敏樹(名誉教授・平和研究所顧問・国際法)、山本裕之(図書館)

賛同者  154名(教職員、研究所助手・職員、および関係者)

相原みずほ、浅岡信義、東志保、有元健、五十嵐孝子、池田理知子、生駒夏美、井口延、石生義人、石丸友里、磯崎三喜年、一澤真紀、伊藤亜紀、揖斐衣海、伊礼有一、岩田祐子、Richard WILSON、梅本公子、江田早苗、大枝さやか、大西直樹、大野智子、大森佐和、尾崎(渡辺)久美子、小澤伊久美、Matthew KERSHAW、 柏井佳子、加藤恵津子、加藤悠二、金山泰子、金子拓也、上遠岳彦、Christopher GALLAGHER、Beverley CURRAN、河合杏子、菊池秀明、北川直子、北中晶子、紀平宏子、Daniel QUINTERO、具嶋恵、楠葉香月、久保謙哉、黒沼敦子、Julian KOE、河内宏、小島康敬、小林潤司、小林智子、小林牧人、小林洋子、 小松倫子、Christopher SIMONS、齊藤一誠、齋藤規子、作前陽子、笹尾敏明、佐々木輝美、佐藤裕子、佐藤夕子、佐野好則、島﨑弓子、篠田薫、島村輝夫、Insung JUNG、Joo-Young JUNG、杉田瑞枝、鈴木寛、鈴木美弥子、鈴木庸子、Jae-jung Suh、高澤紀恵、高田明宜、高田良実、立川明、高橋伸、高橋美穂子、高松香奈、田中和美、田仲康博、田村敬子、千葉尚子、Olah CSABA、崔日善、土屋あい子、円谷恵、利根川樹美子、富山真知子、中村正子、成澤光、西門純子、西納由紀、西村馨、萩原章子、畠山珠美、Rab PATERSON、浜敏彦、原かおり、原口優子、番園寛也、半田淳子、David PICKLES、Eckhard HITZER、平田泉、Daniel FERREIRA、深尾暁子、藤木裕子、福田哲哉、藤田英典、藤野友美、細野佳世、本郷寛実、堀内晶子、堀口有美子、Christopher BONDY、Gavin WHITELAW、John MAHER、Shaun MALARNEY、Tiina MATIKAINEN、町田健一、松下佳世、松下史緒、松本八重子、松山龍彦、水田洋子、峰島知芳、宮原万寿子、村上雅子、村越きよみ、森川園子、森木美恵、森島泰則、守屋靖代、諸橋宏、Audrey MORRELL、矢嶋直規、山口京一郎、山口富子、山口りん、山本理恵、吉雄直子、吉田智行、吉田信行、吉牟田聡美、吉野輝雄、David RACKHAM、Robert RIDGE、魯恩碩、Jennie ROLOFF ROTHMAN、渡辺敦子、Paul WADDEN、匿名希望2名

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中