小沢隆一・東京慈恵会医科大学教授「憲法の国民主権・議会制民主主義・平和主義のすべてに違反する『60日ルール』発動」

小澤隆一・東京慈恵会医科大学教授については、すでに論説と研究会レジュメをご紹介しました。

小澤隆一・東京慈恵会医科大学教授「戦争法案は廃案に  廃案へ追い込む展望は」

小澤隆一・東京慈恵会医科大学教授のレジュメ「衆議院段階での安保法案審議の整理と今後の課題」

 

小澤教授が、新たな論説を書かれました。

それは「憲法の国民主権・議会制民主主義・平和主義のすべてに違反する「60日ルール」発動」です。

以下、掲載いたします。

 

憲法の国民主権・議会制民主主義・平和主義のすべてに違反する「60日ルール」発動

小沢隆一(憲法研究者)

9月2日付の毎日新聞の報道によると、政府・与党は、戦争法案を9月11日までに参議院で採決することを断念し、憲法のいわゆる「60日ルール」の適用を視野に、9月14日の週での成立を目指すとのことである。

憲法59条4項は、次のように規定する。
「参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて60日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる」。
これは、本条、とりわけ前2項の規定のし方からも明らかなように、法律案の議決における例外、「特則」としての「衆議院の優越」の一つとして定められているものである。

 

ところで、このような例外的特則としての「衆議院の優越」は、なぜ定められているのであろうか。
それは、二院制の採用にともなって蓋然的に生じうる衆議院と参議院の政治的意思の不一致、それによる「政治的暗礁」からのすみやかな離脱のための便宜的方策として採用されたものである。

それゆえ59条2.3.4項という「特則」は、こうした制度の趣旨を踏まえた「例外的」運用が厳しく求められる。国民主権の原理と議会制民主主義の精神に基づくならば、可能な限り「原則」としての59条1項所定の「両議院で可決」という手続をとることが要請されるのである。
こうして59条2.3.4項を「対等な二院制」に対する「例外的特則」と位置づけることができるならば、それぞれは、「例外」にふさわしい「限定的な取り扱い」が必要とされる。
例えば、以下のような「取り扱い」は、これらの規定の「例外」的性格から導かれていると考えられる。
「(59条3項に基づく)両院協議会の手続がとられた場合には、両議院の意思の一致によってしか法律は成立せず、衆議院は59条2項の単独再議決の手続に訴えることはできないものと解されている。先例もそう解しているようである」(杉原泰雄『憲法Ⅱ』有斐閣・1989年・234頁)

こうした位置づけの中で4項をとらえるならば、同項が発動できるケースとは、2.3項所定の場合と同程度に「衆議院と参議院の意思の不一致」が認められる場合に限られると解するべきである。

例えば、参議院が、衆議院と異なる政治勢力によって構成されていて、審議の遅延がある種の「対抗手段」としての意義を持つような場合にのみ発動できると解さねばならない。

そして、法案の合憲性、正当性について、参議院の姿勢や見解より衆議院のそれらが勝っていると言える相当の根拠が存在する状況があって初めて発動できるものと見なければならない。

国会法83条の3が規定する衆議院による参議院への「みなし否決の通知」も、そのような場合を認定することでなければ、制度的正当性を持たぬものと言えよう。さもなければ、両議院の議員をひとしく「全国民の代表」(43条1項)とする日本国憲法の二院制の制度趣旨に添わない。

さて、以上のような憲法59条の各項の解釈に照らしてみると、今回、9月14日以降も参議院が審議を続けた場合、衆議院が「60日ルール」を発動する憲法的正当性は認められるであろうか。それは、まったくないと言わざるを得ない。

参議院が今日まで審議を続けているのは、戦争法案の違憲性が国会審議の早期の段階で露呈し、それについて政府がまともな答弁をすることができないでいるからである。

いわゆる「立法事実」の欠如、首相のヤジ、首相補佐官の不適切な発言などが重なって、法案の正当性、合法性がまったく証明されないままでいるからである。
圧倒的多数の憲法学者が違憲と断じ、それを受けて多くの国民が「違憲法案は廃案に」という声を挙げている中で、59条4項の「60日ルール」を発動することは、国民主権に真っ向から反する行為である。

そして、それは、憲法の二院制の趣旨をわきまえない議会制民主主義の破壊である。衆議院による戦争法案再議決の強行は、憲法9条を事実上なきものにするという意味で平和主義に反すると同時に、国民主権と議会制民主主義にも反する、すなわち日本国憲法全体を破壊する暴挙であるといわざるをえない。

広告

小沢隆一・東京慈恵会医科大学教授「憲法の国民主権・議会制民主主義・平和主義のすべてに違反する『60日ルール』発動」」への2件のフィードバック

  1. 小沢隆一 先生のご意見の通りと思います。安保法制に対する野党の質問・国民の疑問に対する政府の回答はあまりにも不誠実です。政府は9月18日をタイムリミットに参議院での法案を採決するとしています。9月14日以降、「参議院でのみなし否決」として、この60日ルールを使い、会期末も9月27日までには衆議院での再採決を強行すると思います。このような暴挙は到底認めるわけには行きません。小沢先生のアピールを直ちにメデイアを含めて国民に発信し、「国民の理解がない安保法案の廃案」を
    訴える行動を起こすことを「なかいたばし・常盤台九条の会」でも提案したいと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中