本 秀紀・名古屋大学教授「まだ終わりではない──9・19 ここから始まる民主主義」

「安保関連法」成立を受けて、本 秀紀・名古屋大学教授から論稿が寄せられましたので、掲載します。

 

まだ終わりではない

9・19 ここから始まる民主主義

名古屋大学教授 本 秀紀

 

「安保関連法」が成立した。憲法原則を幾重にも踏み破る戦後憲政史上最悪の暴挙である。

①同法は、自衛隊が海外での戦争に武力行使や軍事支援という形で「切れ目なく」参加することを可能にする。戦後70年にわたり築いてきた「平和国家日本」のブランドをかなぐり捨て、国際紛争を軍事力で解決しないという憲法の平和主義を根本から覆すものである。

②こうした「一見極めて明白に違憲無効」の法律を「合憲」と強弁するため、安倍政権は閣議決定により従来の憲法解釈を変更した。これまで長年にわたり維持してきた憲法の根幹に関わる解釈を、憲法に拘束されるべき内閣が──制約を緩和する方向で──変更することは、国家が暴走しないようにその権力行使を憲法でしばるという立憲主義を踏みにじるものである。

③そのような平和主義や立憲主義の危機に対して、これまでになく広範な国民が反対の声を上げたにもかかわらず、安倍政権はこれを無視し、法案の強行採決を繰り返した。日本国憲法の定める国民主権は、選挙結果に基づく「丸投げ民主主義」ではなく、常に民意を国政に反映させることを求めており、政府与党の国民無視の姿勢は、民主主義を否定するものである。

④かつてない反対運動の高まりにもかかわらず法案成立を強行した背景には、アメリカへの従属がある。国会にまだ法案が出されていない段階で、首相がアメリカ議会で夏までの法制定を約束したばかりか、法案審議過程において、昨年12月の時点で自衛隊統合幕僚長が米軍幹部に今夏までの成立見込みを明らかにし、法案提出前から日米「両軍」の一体的運用について検討されていたことが明らかとなった。これらは、国民主権の前提となる国家主権の蹂躙を示すものである。

⑤国民の反対運動の高まりに追い込まれた政府与党は、法案審議の最終盤、議会のルールを破り捨てた。参議院特別委員会では地方公聴会の報告も総括討論も行われないまま、与党議員の実力行使により「採決」が強行された。議事録には委員会開会の記録もなく、「聴取不能」と記されているのみである。与党は、ルールに従って討論・採決をするという議会制の基礎を掘り崩した。

こうして安倍政権は、日本国憲法に基づくこの国の屋台骨をことごとく破壊したが、これと反比例して政権批判の声は高まった。国会前を十数万の人びとが埋め尽くし、全国津々浦々で反対運動が展開された。それは法案成立と同時に、戦争法発動を許さず、さらには廃止に追い込む運動へと転化した。政治を自らの問題として考え、折に触れて声を上げる憲法文化を定着・発展させていくならば、9・19は日本の民主主義創造の画期として歴史に刻まれることになるだろう。

広告

本 秀紀・名古屋大学教授「まだ終わりではない──9・19 ここから始まる民主主義」」への2件のフィードバック

  1. 60年安保闘争では挫折感を味わいましたが、今回の「安保法案」の撤回闘争では勝利の展望を見いだしています。一つはシールズをはじめとする広範な人々の活動です。もう一つは、違憲立法に反対する野党勢力の結集です。さらには、来年の参議院選挙や遠からず行われる衆議院選挙での勝利の展望です。加えて、最高裁での違憲立法審査権の活用です。今後のさまざまな活動に息長く携わっていきたいと思っています。

    いいね: 1人

  2. 「政治」をまた「憲法」をわが身に直接係わる身近なものとして捉え、考え、行動する動きが、「ごく普通の市民」・主権者一人一人の中に、育ってきていることを実感しております。水島先生のご提案、本先生のご意見、全く同感です。この国に「憲法
    に基づく政治」を取り戻すため、微力ですが市民運動の発展に力を尽くしてまいります。
                                                          「商社九条の会」 橋本建八郎

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中